Excitng day

On 2012/09/22, in 校正, by CECS

hanaさんからのメール

題名:  excitng day 

Today I talked to a woman of Foreiner.
Usaly I greet her on the street. Only gleeting. But today when I found her,she had a raket of squash.So I asked her where did she plaied.She saied that she plaied in gym at near subway. I asked her that may I jyoin with her. She was willing to OK. I exciting next week!

  

Meet foreigner on the street

今日のテーマは「Exting day」
いつも道で挨拶する外国人女性に、いっしょにスカッシュをしないかと誘うエッセイです。

外国人が日本に滞在する理由は様々ですが、彼らと交流してみると、意外なほど日本人の友達が少いことに気づきます。
言葉の問題もありますが、学校や会社以外で、日本人と交流する機会がないのも原因かもしれません。

母国を離れて寂しさを感じている人も多いですから、積極的に話しかけたら相手も嬉しいと思いますよ。

 

CECSエディターからの返信

Proofread document image

 

ハイデガーに関する考察

On 2012/09/17, in 校正, by CECS

batskhemさんからのメール

題名: free correction

In this essay, I want to show some of the deep ecological insights found in Heidegger philosophical discourse. The paper is based on his approach towards things that leads to the human self-realization. This realization coerces the shift from anthropocentrism and dualism to biocentrism and non-dualism. It strongly against the calculative mode of thinking that things are merely objects of human consciousness. The study is an attempt to subscribe an answer towards the ecological problems. Firstly, the paper discusses deep ecology and Heidegger’s approaches toward environmental crisis. Secondly, I will show the distinctive ecological materials inherent in Heidegger’s work that has influenced the deep ecologists and critically examine them in terms of a radical shift of understanding. Third, I defend Heidegger against the charged of his critics, denying the existence of deep ecological insights simply on the ground of his political affiliation with Nazism.

 

Heidegger今日のテーマは、「ハイデガーに関する考察」です。
ブログではエッセイや、受験用英作文などを取り上げていますが、CECSの仕事の大半は、ちょっと難しい研究論文だったりします。
文字数はちょっと多めですが、初のインド人投稿者ということで、添削させていただく運びとなりました。

マルティン・ハイデガー
ドイツの哲学者(1989-1976)。著名な著作として「存在と時間」など。

大戦中のナチス・ドイツ加担問題や、弟子ハンナ・アーレントとの不倫関係などのエピソードでも知られる。

 

CECSエディターからの返信

Proofread document image

 

One more week to go

On 2012/09/14, in 校正, by CECS

Asukaさんからのメール 

題名: One more week to go

I am going to attend a wedding party of my brother next week. My daughter and I intend to play the piano duet at the reception. My daughter have been going to piano lessons. As for me, I stoped taking piano lessons when I was a high-school student. I don’t have much time left to practice playing the piano. But I do my best I can. 

 

Piano

今回お送りいただいたエッセイは「One more week to go」
お兄さん(弟さん)の結婚式でピアノの姉妹デュエットをするお話です。

受付でピアノの連弾なんて、華があってとてもいいですね。きっと素敵な結婚式になったんじゃないかと思います。

でも、Asukaさんには、一つ気にかかる点が・・・。
さてさて、それは一体何でしょうか。オリジナルのエッセイとともにお読みください。

 

CECSエディターからの返信

Proofread document image

 

Earrings

On 2012/09/11, in 校正, by CECS

Askaさんからのメール 

題名: Earrings

I had my ears pierced in a clinic yesterday. This was the second time that I visited the clinic and I had already one pierced earring on each of my ears. We can easily get piercers at general stores these days. Many people pierced on their ears by themselves. But I believe that piercing in a clinic is better and safer than that by ourselves.

 

Earrings

どんな仕事にも繁忙期と閑散期はつきもので、家に帰れないほど忙しい時があると思えば、朝からソリティアしかすることがない日もあります。

夏休み明けということで、CECSにも大量の仕事が舞い込んできて、エディター全員青息吐息。栄養ドリンクで体力を補って仕事をしてます。
特にハードに仕事しているエディターEchoは・・・実に野性的な風貌に進化(退化?)していたりします。

さて、今日のテーマは「earings」。耳にピアス穴を開けるお話ですが、どうなるでしょうか。 

 

CECSエディターからの返信

Proofread document image

 

日本よ、これが添削だ。

On 2012/09/06, in 校正, by CECS

このブログで扱う英文はだいたい100語程度で、300語・400語ある文章は添削をお断りしてきました。

ですが、あるエディターから、

「ちょっと待て。せっかくブログをやってるんだから、俺がプロの仕事を見せてやる。」

との 声が上がり、今回だけ(?)特別に添削を行うこととなりました。

 

本当に気合をいれてやってくれたようで、 原稿の色がすごいことになっています。ただ今回の場合、原文を尊重し、大幅に手を加えることはしていません。

CECSの本サービスでは、お客さんの要望により 、「劇的ビフォーアフター」並に改変を行うこともあります。

 

それに加えて、いつもは添削コメントがついたワードファイルだけですが、今回は清書版のファイルも用意しました。

(これもCECSの本サービスと同じです。)

 

さて、今回は、夏休みにイギリスへ短期留学するお話ですが、一体どうなるでしょうか。

 

 CECSエディターからの返信

Proofread document