料金

私たちの料金システムはとてもシンプルです。「英語一単語につき、3.9円」
特急サービスは50%増しの料金となります。

 

Microsoft Wordの「文字カウント」を実行してみてください。その中にある「単語数」から、お客様の原稿にどれぐらいの単語が含まれているかを知ることができます。


このページの右側にある計算フォームに単語数を入力すると、お客様の原稿にかかる料金が表示されます。

 

※最低受注金額は、通常サービス1000円(特急1500円)となります。


仕上がりまでの時間

単語数

通常サービス
特急サービス

~2500

3営業日
1営業日

2500~5000

6営業日
2営業日

5000~7500

9営業日
3営業日

7500~10000

12営業日
4営業日

10000~12500

15営業日
5営業日

12500~15000

18営業日
6営業日

15000~17500

21営業日
7営業日

17500~

お問い合わせください

※営業日の計算には、ご注文日・校正のご承認日を含みません。

1月1(月)から3営業日の場合、1月4日(木)までの納品となります。


業界内でもリーズナブルな料金

下の表はインターネット上で、よく利用されている英文校正サービス会社です。それぞれの会社の最もスタンダードな英文校正サービスをまとめてみました。


会社

料金
サービス内容

A社

6円~16円

(校正スピードによる)

・語句、文法、スペル、句読点のチェック
・意味が明確に表現されるように校正
・投稿規程にあわせてフォーマット調整

 

B社

6円から~19円

(校正スピードによる)

英語としての正確さ、表現の滑らかさ、読みやすさに重点

 

・語句、文法、スペルなどの正確さチェック
・筆者の意図が明確に表現されるように校正
・論文の投稿規程チェック

 

C社

8円

文法、構文の訂正、論文構造への指摘。

最低受注料金10000円

 

D社

5円~8円

分野によっては+20%

5円…文法やスペル、句読点の修正

6円…文章構造と全体の一貫性まで
7円…全文の構造と論の組み立てまで

8円…徹底的にリライト

E社

約1.3円

 

スペル、文法

 

CECS

3.9円

スペル、語彙、文法、文レベルでのチェック、また、読みやすく、意図を明確に伝えるよう校正・校閲。また、校正理由や、エディターからのアドバイスなどをコメント欄に記述。

 

A社、B社は、論文の投稿規程チェックがあり、D社は、1語8円で大幅なリライトをリするサービスを行っています。

E社に関しては非常に低価格ですが、スペルと文法チェックのみです。


私たちCECSは、業界内でも低価格に設定していますが、お客様の原稿が最良のものとなるよう、各エディターとも最善を尽くしてサービスをご提供させて頂きます。


料金計算フォーム


原稿仕上げ期間

     

校正料金

 円